札幌市東区の歯医者さん。藤森歯科医院 一般歯科・小児歯科・口腔外科 

藤森歯科医院のトップへ戻る 藤森歯科医院へのお問い合わせはお気軽に 電話番号 011-711-0622
トップページへ
トップページへ
医院ご案内
ドクター紹介
歯の大切さ
こどもの歯みがき習慣
院内のようす
訪問歯科
当院からのお知らせ
携帯サイトはこちら
歯の大切さ
各項目をクリックしてください。
どうして虫歯になるの? 噛む力は生きる力
口の中をみてみよう! 歯と全身の健康は関係する!
小さな子供の頃から歯の大切さを! 自覚症状がなくても健診に行こう!
どうして虫歯になるの?

 

口の中には誰でももっている細菌がいます。その中の1つ、ミュータンス・レンサ球菌が砂糖などを栄養源として活動し、歯を溶かすことにより、虫歯ができるのです。ごく初期のうちなら唾液が菌を洗い流し、歯の表面を修復してくれますが、一度穴があいてしまうと治りません。早めに歯科医院にかかりましょう。

 

唾液の再石灰化作用

 

ちなみに・・・生まれたばかりの赤ちゃんには虫歯をおこす細菌はいません。菌は周囲の人からうつりやすいので、離乳食など食べ物を口移しで食べさせないようにしたり、赤ちゃんの周囲の大人たちが口の中を健康に、清潔にするのも大切です。

 

 

口の中をみてみよう!

 

歯周病は歯ぐきの腫れや出血に始まり、痛みなく、歯を支える骨が徐々に壊されていく病気です。

原因は歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)の中にある歯周病菌ですが、これはブラッシングや食習慣、タバコを吸うなどの生活習慣が大きく関わってきます。

生活習慣の改善歯科医院での定期健診咬み合わせの管理がとても大切なのです。

歯周病

 

歯と全身の健康は関係する! 歯周病が全身に与える影響

  • 歯周病と糖尿病〜口の中にいる歯周病菌。この菌の成分が血液中に流れ込むと身体の中で色々な活性物質をつくりますが、その中の1つTNF α は血糖値の安定を阻害して、糖尿病を悪化させるといわれています。
  • 口の中の細菌と誤嚥性肺炎〜口の中がきちんと清掃されている人はインフルエンザや誤嚥性肺炎にかかりにくいといわれています。
  • このほかにも、口の中の細菌が細菌性心内膜炎妊婦の低体重児出産に影響しているという報告があります。

 

歯・口の健康を保つことから、全身の健康につながります。

歯や歯茎、舌、唇、顎など、これらの口全体を使って

  • 食べ物を食べる(かみ砕く、飲み込む)→ 体に必要な栄養を摂る
  • 顔の表情を作る → 表情豊かになる、若さを保つ
  • 言葉を発音して話す → 会話を通じて、人とのコミュニケーションをはかる
  • 歌を歌ったり、楽器を吹く
  • 運動を支え、身体のバランスをとる

歯や口は生活する上で大切な器官で、日々の生活を豊かにする大切な場所なのです。

 

 

野生動物は口から物を食べられなくなると、生きていけなくなります。

しっかり噛むためには、子供から大人まで、生涯にわたり自分の歯を守ることが大切ですが、すでに歯を失った方でも入れ歯などの使用で、代用することができます。

 

噛むことのはたらき

 

小さな子供の頃から歯の大切さを!

 

子供の歯はどうせ抜け替わるから・・・、子供が治療を嫌がるから・・・、こんな理由で子供の虫歯を放置していませんか?乳歯は成長期の身体に栄養をとりこんで育て、健康を守る働きがあるのです。

いずれ抜けてしまう歯ですが、将来の健康な身体、永久歯の質や歯並びにとても大切な役割を果たしています。また、適切な食習慣歯磨き習慣も早いうちに作りましょう。

 

☆ 食事やおやつの時間を規則正しくし、だらだらと食べないようにする。

☆ 食べた後には歯みがきをして、歯のすみずみまできれいに磨くようにする

☆ 歯科医院で定期検診を受けたり、フッ素を塗ってもらう。
  また、フッ素入りの歯みがき剤やスプレーを利用する。

 

ちょっとした心がけで、虫歯を防ぐことができるのです。

子供たちの大切な歯を守るのは、お父さんやお母さんなど周囲の大人たちです。

 

症状がなくても健診・メンテナンスに行こう!

 

虫歯も歯周病も初期のうちは自覚症状のないもの。早期に発見し、治療をすること痛みも少なく、治療も楽に終わります。

また、虫歯も歯周病も予防が大切。原因となる歯垢を取り除くことが第一です。

毎日の歯磨きで歯垢をしっかりと除去するセルフケア、そして歯科医院でのプロフェッショナルケアとして定期的に健診をうけることをおすすめします。「治療が済んだら終わり」ではなく、普段から歯のメンテナンスのため、定期的にいらしていただくと、ご自身の歯の健康管理も楽になることと思います。

 

生涯、健康な口でおいしい食事を!そして輝く笑顔を!